傷口と血行に留意を

人工歯根

歯科の指導に従いましょう

港区でインプラント治療を受けたなら、術後どのようなことに注意すればいいのでしょうか。手術前に歯周病や隣在菌の処置を十分に行い、クリーンな環境で手術を行ってくれる港区の歯科医院なら手術後のことをそれほど心配する必要はありません。港区の歯科医院は手術後の生活についてしっかり指導してくれる歯科医院ばかりですから、担当医の指導通りに生活をすればほとんどの方が問題なく過ごせるはずです。インプラントを埋入する一次手術直後は、傷口を衛生的に保ち血行に留意しましょう。まだ麻酔の影響が残っている間は誤って噛まないように注意し、強いうがいも控えるようにしてください。強くうがいをすると、せっかく固まりかけた傷のかさぶたが剥がれてしまい出血や腫れの原因になってしまいます。痛くなかったとしても、辛い食べ物や硬い物、アルコールなどを摂ることは控えましょう。歯磨きをする時は、歯磨き粉は使わず自分の歯だけを丁寧に磨くようにしましょう。傷口を守りながら口腔内を清潔に保つのは大変かもしれませんが、トラブルなく治療を終えるために必要なことです。担当医から指導があった場合、担当医の指導に従ってください。傷が治るまで血行に留意することも大切です。湯船につかったり激しい運動をすると血行が良くなり再び出血する恐れがありますから、3日ほどは控えるようにしてください。たばこを吸うと歯茎の毛細血管の収縮が起こり血行不良で傷口が思うように治らないことがありますから、インプラントの治療中は禁煙を心がけることをおすすめします。傷口を舌や指で触らないことはもちろんですが、もし術後歯ぎしりや食いしばりが多くなったと気がついた時はすぐに担当医に相談しましょう。港区にはすぐれた医師が多く安心してインプラント治療を受けることができますが、トラブルなく成功させるためには患者さんの協力も必要です。

Copyright© 2017 インプラントをすれば以前と変わらない食生活ができる All Rights Reserved.